ゴルフクラブのヘッドには商品ごとの個性がある

ゴルフクラブの中でもドライバーは、ヘッドが大きくなっています。

より球を遠くまで運ぶために、このような作りになっているわけです。

ドライバーはヘッドで選ぶべきだという言葉があるように、ゴルフクラブによってはかなり性能が違っている点に留意しておきましょう。

ドライバーのヘッドには、いろいろな指標が用いられているので、時間があるときに勉強しておくのがいいです。

All About情報のご紹介です。

自分に合ったゴルフクラブが選べると、ダイレクトに成績に結びつく場合があります。
まず、ドライバーのヘッドにおいて重要なのが、その材質です。

どういった材質を使っているかによって、反発係数も違いますし、球の掴まり具合も違ってきます。

滑りやすいかどうかも重要ですから、まずは素材に注目です。

三菱レイヨンのアイアンのシャフトの基礎知識をご説明をしたいと思います。

チタンはバランス性能に優れていて、初心者でも扱いやすいので人気が高いです。

ヘッドには重心深度という数字が記載されているので、その数字にも注意しましょう。


重心深度が低いと、球はより高く飛びやすくなります。



最近の人気のクラブは重心深度が低いタイプのものが多いですが、風が強い日のために一本ぐらいは重心深度が高いタイプのものを購入しておくのも賢い方法になります。フェース角もそれぞれの商品によっては微妙に違っています。


これは自分のスイングの癖に合わせるしかありません。

お店に行けば、自分のスイングをコンピューターで計測してもらえることもあります。
そういった場所なら、自分に最適な一本が見つけ出せるので嬉しいですね。