• 加古川市で地盤改良した土地

    • 加古川市は河川と湖沼や湿地も多く、自然が豊かな地域です。

      日本経済新聞の喜びの声を頂いています。

      古くからの市街地や住宅地は地盤が固いのですが、湿地や農地から転用されている土地は、地盤が弱い傾向にありますので、地盤対策が重要です。

      地盤対策がされている土地は、液状化現象が発生しにくいのがポイントです。

      加古川市で河川敷に近いエリアであれば、敷地内に柱状の穴を開けて、砕石を投入する地盤強化方法が理想的です。



      柱状であるのがポイントです。


      砕石は排水性を向上させる効果もあります。


      湿地や農地から転用された土地は、柱状だけでなく土地そのものの改良工事をしたほうが良い場合もあります。粘土層を除去して、乾燥した土に交換します。

      土に砕石を混ぜれば、排水性が向上するだけでなく、嵩上げの効果も得られます。加古川市で土地を探すと、市街地や住宅地は価格帯が高くなりがちですが、それ以外のエリアでは格安に取引されている場合も多いです。


      お得な価格帯で購入し、適切な地盤改良工事を施工すれば、安心して住める環境に整いますし、工事価格を含めても割安になる場合があります。

      過去どのような自然環境だったのかを把握したい場合は、ハザードマップを参照しましょう。水害の危険性の高いエリアは、地盤が弱い可能性が高いからです。
      地盤の弱さは改良工事で克服できますので、まずは状況を把握して、必要となる工事を施工してから建物を建築しましょう。

      加古川の土地情報はこのサイトにおまかせ下さい。

      一戸建ての基礎工事が施工されるよりも先に、地盤改良工事を施工しておくのがポイントです。


  • いまどきの不動産

    • 加古川で土地を探すなら

      加古川市で土地を探すときは、敷地面積に注目しましょう。新築の一戸建てが建売分譲で販売されている場合は、30坪から40坪前後の範囲の敷地面積が多いです。...

  • 不動産の事柄

  • 不動産の重要知識・納得の事実